信用情報が傷ついていないかどうか確認するには?

 

消費者金融やクレジットカードの審査などに落ちる事が続いているという方は信用情報に傷がついてるかもしれません

 

信用情報に傷がついているという事はお金にだらしないと言われているのと同じなので審査に合格できないのです。

 

そんな信用情報は個人でも確認することが可能なのをご存知でしょうか?

 

もしあなたが信用情報を傷がつけるような事をしてない場合には不正利用なども考えられますのですぐに確認した方が良いです。

 

ですが、どうやって信用情報を確認するか知らない方が多いと思います。

 

そこで信用情報を知るために必要な方法、具体的な行動や注意点などをまとめました。

 

信用情報を確認するには個人信用情報機関を利用

 

信用情報を確認するには個人信用情報機関を利用

 

信用情報を自分で確認する方法は、個人信用情報機関に問い合わせることです。

 

個人信用情報機関は個人のクレジットカード利用履歴や借金の有無などの情報を収集しています。

 

信用情報が傷ついている可能性が高い理由としては借金を滞納したか、カード払いを延滞したかではないでしょうか?

 

どちらの場合でも個人信用情報機関は情報を持っています。

 

個人信用情報機関は3つあり、それぞれが別々の分野で情報を収集しています。

 

例えば銀行でお金を借りても、カード会社が多く所属する個人信用情報機関は知らないこともあるのです。

 

情報をやり取りしていなければ、それぞれの機関はお互いに干渉することはありません。

 

そんな個人信用情報機関ですので、1ヶ所ですべての個人情報が分かるわけではありません。

 

1つに問い合わせてブラックではなくても、他の機関でブラックになっている可能性もあるでしょう。

 

その可能性があるので、全ての個人信用情報機関に問い合わせるのが正解です。

 

全ての機関に問い合わせれば、自分がブラックになっているかは確実にわかります。

 

ただ、あなたがカードしか使っていないのであれば、カード会社が母体となっている個人信用情報機関に、問い合わせるだけでも大丈夫です。

 

信用情報を開示してもらう方法

 

信用情報を問い合わせる方法はインターネット、郵便、窓口の3つがあります。

 

開示をするときには信用情報開示申込書、開示手数料、本人確認書類が必要です。

 

信用情報開示申込書は窓口にあるものを利用するか、ホームページからダウンロードして利用します。

 

開示手数料はインターネットと郵便では1000円、窓口であれば500円かかります。

 

本人確認書類は運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなどが利用可能です。

 

基本的には本人でないと、開示請求ができませんが法定代理人は開示請求できます。

 

信用情報が傷ついているかは異動情報と書かれているかで判断

 

開示請求で手に入れた信用情報で確認するのは異動情報があるかないかです。

 

異動情報とは金融機関などで使われる専門用語で異動情報と書かれていれば借金の遅延や滞納を繰り返している事になり信用情報が傷ついている状態になります。

 

信用情報には色々な情報が書いてありますが信用情報が傷ついていないかの確認なら異動と書かかれているかの確認だけでOKです。

 

まとめ

 

まとめ

 

信用情報を確認するには個人信用情報機関に問い合わせることです。

 

3つの個人信用情報機関に問い合わせれば自分の信用情報が傷ついているかが分かるでしょう。

 

問い合わせる方法はインターネット、郵送、窓口でできます。

 

どれもお金がかかってしまいますが不正利用などで信用情報が傷ついている場合もありますので不安な方は確認してみてください。