ブラックリストに載ってしまうとどうなる?

ブラックリストに載ってしまうとどうなる?

 

ブラックリストといえば、警戒が必要な人物を示すリストです。

 

クレジットカードカードやキャッシングなどで良く使われる言葉で、ブラックリストに載る=お金に信用が無い人のレッテルを貼られた事になり多くのデメリットを受ける事になります。

 

そこで、なぜブラックリストに載ってしまうのかブラックリストに載るとどんなデメリットがあるのかにかについて解説していきます。

 

ブラックリストとは具体的にどんなもの?

 

ブラックリストとは具体的にどんなもの?

 

ブラックリストは覚えやすい響きなので、通称として世間に広がった背景がありますが、本当のところを言えばそのようなリストはありません。

 

実際は「信用情報」という形で管理されています。

 

信用情報とはクレジットカードの利用状況や融資を受けた人の返済状況などが記載されており、言わばお金に関する利用記録書です。

 

この信用情報は「指定信用情報機関CIC」や「日本信用情報機構JICC」、「全国銀行協会JBA」といった機関が管理していて、それぞれのクレジットカード会社や消費者金融、銀行などが加盟しています。

 

クレジットカード会社や消費者金融などは、この信用情報を元に審査を受けた人を判断しているようです。

 

信用情報には上記で書いた利用状況以外にも金融事故の情報も載っています。

 

金融事故とはクレジットカードの強制解除処分を受けた場合や債務整理をしたなどのお金に関するマイナスな情報です。

 

金融事故を起こしているかの判断は簡単で信用情報に異動と書かれているかです。

 

異動と書かれていれば金融事故を起こした事があります。

 

信用情報に傷がついてしまう原因は上記で説明した以外にもあるので紹介していきますね。

 

信用情報に傷がついてしまう原因

 

信用情報に傷がつく原因として挙げられるのはクレジットカードで購入した代金や消費者金融で借りたお金の返済遅れなどです。

 

基本的には1回の遅延や滞納であればブラックリストに登録される事はほとんどありません。

 

しかし催促の連絡を無視して「61日以上、または3ヶ月以上の支払い遅延」を起こすと信用情報に傷がつきます。

 

会社によっては3ヶ月以上経っても傷がつかない場合もありますが基本的には2ヶ月以上を超えると危険です。

 

近年、信用情報の傷をつける原因として多くなったものがあります。

 

携帯電話本体の支払いです。

 

利便性の高いスマホが多く販売されていますがどれも高額な為、一括で買わずに割賦契約(かっぷけいやく)で購入する方が増えました。

 

割賦契約はローンと同じなので滞納を繰り返すと信用情報に傷つきます

 

信用情報が傷つく原因はお金です。

 

信用情報を傷つけない為にお金の管理はしっかりとしなくてはいけません。

 

信用情報が傷ついた場合のデメリット

 

信用情報が傷ついた場合のデメリット

 

信用情報に傷つくと大きなデメリットを受ける事になります。

 

新規のクレジットカードが作れず既に持っているクレジットカードは更新できないことも。

 

更新ができたとしても利用限度額を引き下げられる可能性が高いです。

 

そして金融機関ではお金を貸してくれなくなります。

 

その他にも住宅ローンや自動車ローン、教育ローンなどのローン審査も通りません。

 

信用情報が傷つくと事は本当に大きなデメリットだということが分かります。

 

しかも一度、傷ついた信用情報は簡単に回復する事はありません。

 

信用情報を回復するのは大変!

 

傷ついた信用情報が回復するには遅延や滞納した、お金を全て払い終えて5年経過しないといけません。

 

債務整理の場合だと回復までに10年かかってしまいます。

 

心当たりがないのに消費者金融の審査が通らなかったりローンが組めない場合は不正利用で、あなたの信用情報が傷ついているかもしれません。

 

信用情報機関に問い合わせてみましょう。

 

実は信用情報は自分の物なら個人でも見る事が可能です。

 

信用情報を見る方法を知りたい方はこちらをご覧ください。

 

⇒ 信用情報は個人でも確認可能!信用情報の確認の方法や注意点を徹底解説

 

ブラックリストに載ると大きなデメリットを受ける事になる

 

ブラックリストに載ると大きなデメリットを受ける事になる

 

ブラックリストのブラックとは、信用情報というお金に関する記録に傷がついている状態のことです。

 

遅延や滞納だけなら信用情報が傷つくまで2ヶ月あるのでその間に解決してください。

 

間に合わなければ信用情報に傷がつき大きなデメリットを受ける事になります。

 

1度、信用情報が傷つくと回復するのに長い時間が必要です。

 

信用情報を傷つけない為にもお金に対して誠実でいる事を心がけましょう