ブラックリストに載ってしまったら登録期間はどれくらい?

ブラックリストに載ってしまったら登録期間はどれくらい?

 

ブラックリストに情報が載ってしまうと、ほとんどの金融機関から借入が難しくなってしまいます。

 

加えて新規のクレジットカードなども作りにくくなりますし、携帯の割賦販売(かっぷはんばい)なども利用できません。

 

その為、日常生活にも支障をきたしてしまう可能性が高いです。

 

既にブラックリストに載ってしまったという方は大変ですが、ブラックリストは一生残るわけではありません。

 

そこで今回はブラックリストに載った情報はどうやったら消えるのか載っている期間は何年ほどなのかを紹介します。

 

噂でよく聞く5年たつとブラックリストから削除されるというのは嘘?本当?

 

噂でよく聞く5年たつとブラックリストから削除されるというのは嘘?本当?

 

ブラックリストに載っても5年経てば消えるという話を聞いた事はありませんか?

 

その為5年経てばまたクレジットカードやカードローンを使用することができると思っている方は多くいます。

 

しかしブラックリストに載る期間は必ずしも5年とは限りません

 

実はブラックリストというものは正確には存在せず本当の名称は信用情報です。

 

この信用情報が傷つくことをブラックリストに載ると表しています。

 

この信用情報は個人信用情報機関が記録しており国内にはの3つあります。

 

この3つの機関で記録している情報は機関によって変わりますし記録されている期間も異なるようです。

 

機関によって信用情報の登録期間は変わる

 

信用情報機関とは、消費者のクレジットカードの使い方借金の有無などの情報を管理し加盟している業者に提供している機関です。

 

この情報機関と提携することで金融業者は消費者と健全な信用取引を行うことができます。

 

そんな信用情報機関には大きく三つあり、CIC(指定信用情報機関)JICC(日本信用情報機構)KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つです。

 

例えばクレジットカード料金や借金の2か月以上の延滞の場合、CICと全銀協は5年ですがJICCの場合は一年となっています。

 

3か月以上の延滞の場合は全ての情報機関で5年間、記録されてしまうようです。

 

また、クレジットカードなどの強制解約の場合、CICでは記録されませんがJICCと全銀協は5年間、記録されます。

 

もし債務整理をした場合はCICでは記録されませんがJICCで5年間、全銀協に至っては10年間。

 

上記でも少し触れましたが機関によって記録される期間や情報が異なっていることが分かりますよね。

 

ここまで読んだ方は債務整理で10年、遅延や延滞なら5年と思われたかもしれませんが、そうではありません。

 

滞納分を全て払ってから5年

 

信用情報に傷がついてから5年経っているのにカードローンの審査に通らなかったという話を聞いたことありませんか?

 

実は信用情報機関の情報保有年数は、滞納分を支払い始めた日からではなく、滞納を全て完済してから5年間と定められているのです。

 

つまり、延滞が解消されたからと言って借入が完済されなければブラック情報に載っている状態が継続されます。

 

一度でも長期延滞などを起こすと、ブラック情報に載る期間は完済までにかかった期間に5年間を足したものになり、5年以上経たなければカードローンの審査には通りません。

ブラックリストに載る期間は信用機関や金融事故に種類によって変わる

 

ブラックリストに載る期間は信用機関や金融事故に種類によって変わる

 

ブラック情報に載る場合、延滞なのか債務整理なのかでも保有期間は変わってきます。

 

また、信用情報機関によっても掲載される期間が異なってくることを把握しておく事が大事です。

 

基本的にはブラックリストの記録される期間は5年から10年が一般的とされています。

 

しかし延滞でブラックリストにのった場合は延滞していたお金を完済してから5年が目安になりますので10年以上かかってしまう事もあり得るので覚えておきましょう。